銭の戦争のあらすじ&動画を定額で見る

zeninosenso
順風満帆に進んでいた男の人生が、父親の自殺によって一変してしまう。

父親の連帯保証人となっていた白石富生は、父親が残した借金を全額被る結果となった。

しかも、借金をしていた先は銀行だけではなく、悪質な闇金もあり、到底富生の蓄えで返済出来るような額ではなかった。

「金で失くしたもの全て、金で取り戻す」そう決意した富生の戦いが始まる。


証券会社で働く富生は、青池梢との婚約披露パーティーを盛大に開いていた。

ところが、母親から実家の工場が不渡りを出したうえ、父親が姿を消してしまったということを聞く。

連帯保証人になっていた富生が知っていたよりも多額の借金が残されていた。

蓄えから借金の返済をするが、完済にはほど遠かった。

悪質な業者からも借り入れていた為、会社にも督促の連絡が入ってしまう。

会社はそういったスキャンダルを嫌う体質であった為、上司から退職を促され、富生は職を失ってしまった。

何もかも失くした富生に届いたのは、父親が自殺し発見されたという知らせだった。

その上、婚約者の祖母から一千万と引換に婚約を解消することを提案され、一度は断ったが、心労から倒れてしまった母親の手術費用にする為に受け取ってしまう。

しかし、悪いことにその一千万は悪質な取立て業者に持って行かれてしまう。

四面楚歌の状況で富生に救いの手を差し伸べたのは、恩師である紺野だった。

一晩お世話になり、少し富生にも安らぎが得られた。

新しい就職先を探すが、一向に上手くいかず、ホームレスとなってしまう。

そんな中で知り合ったのは紅谷という老人だった。

300億を動かすとも言われる金貸しだった。

紅谷の元で働きたいと思い付きまとうが、紅谷が金貸しの勉強にと紹介したのは赤松金融。

富生の父親を自殺にまで追い込んだ相手こそ、赤松金融の赤松社長だった。


父親の自殺から「お金」に取り付かれてしまった富生。

赤松もまた、「お金」に取り付かれた人間の一人だった。

赤松の元で働き、借金を返せるだけのお金を手にできた時、富生が選ぶのは「かつての恋人」か「自分に行為を寄せる女性」か、それとも。

富生の人生に次々と巻き起こる事件をどう乗り越えて行くのか、借金はどうなるのか、先の読めない展開に毎回ハラハラするドラマです。

銭の戦争の動画が見れる配信サービス一覧

銭の戦争は、
第1話、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11話~最終回までを定額の見放題サイトで動画視聴可能です。
(2015年3月26日調べ)

現在、U-NEXTのみで配信中です。(ポイントOK作品になります。)
配信終了日:2016年2月9日15:00まで。
U-NEXT

attention

サブコンテンツ

このページの先頭へ