龍馬伝のあらすじ&動画を定額で見る

ryomaden
坂本龍馬が、いかにして日本の変革のときに関わっていったかを描く。

元は商家だった坂本家。郷士の株を手に入れた父親の祖父の代から土佐藩に仕えてきた。

幼少期から顔を見知っていた関係の、岩﨑弥太郎は更にその下の位の地下浪人だった。

それぞれ、自分の生まれ持った地位に苦しみ、それを乗り越え、民主主義の世の中を作るため突き進んでいく。


坂本龍馬は泣き虫の少年だった。

土佐藩において上士と下士の上下は厳しく決められており、上士に対し無礼があれば、即座に切って捨てられる。

それを幼い龍馬も聞かされていたが、ある日上士の子に対する無礼を行い、打ち捨てられそうになっていた。

そこへ病床の母親が駆けつけ、事なきを得るがそれが元で母親が亡くなってしまう。

その事が幼い龍馬の大きな傷となって残った。

成長した龍馬は上士から屈辱的な扱いを受けても受け入れるようになっていた。

それが正しいことだと考えてのことではなかった。

広く世界を見たいと考えた龍馬は父親に願い出て、江戸へ剣術修行に出ることを許された。

そこで浦賀湾沖の黒船を見るに至り、西洋の力に畏怖すると共に憧れも抱くようになる。

一方土佐の下士仲間たちは、攘夷に向けて動き始めた。

やがて龍馬は脱藩という道を選び、班から追われる身になりつつも、自分の意思で生きられる世を夢見ていた。

独自の目線で日本の将来を考えた龍馬。

人柄と真摯な姿で人を魅了し、人を動かしていった龍馬の生涯を描く。


岩﨑弥太郎曰く、「能天気で自分勝手で人たらしで、おなごに好かれて、あな腹の立つ男はどこにもおらん」。

自分の思う道を、進んだ龍馬に対する最大の賛辞。

これまで色々な役者さんが龍馬役を演じていますが、福山雅治さんが演じる龍馬は、その人柄で誰をも魅了する龍馬です。

身分や藩を超えて、人と人とを結びつけていった龍馬を、魅力的に演じています。

龍馬伝の動画が見れる配信サービス一覧

龍馬伝は下記の定額の見放題サイトで動画視聴可能です。
(2015年2月17日調べ)

dビデオ

Hulu

attention

サブコンテンツ

このページの先頭へ