ライ・トゥー・ミー 嘘の瞬間のあらすじ&動画を定額で見る

lie-to-me
「微表情」、一瞬で現れて0.2秒ほどの短さで消えてしまう表情の変化。

それを科学的に分析するライトマン研究所の、カル・ライトマン博士。

時には強引とも思える手法で相手の嘘を見抜き、表情から真実を導き出す。

彼に依頼するのはFBIなどの公的機関に留まらず、市長や政治家なども含まれる。

どんな生活をしてきた人間でも、どんな人種でも人の表情は万国共通。ライトマン博士に見破れない嘘は無い。


人は10分間の会話で3回嘘をつく。

ライトマン博士が対峙した最初の人物は、白人至上主義の爆弾魔だった。

真実を語る気が全く無い人間に対し、質問を投げかけ、その言葉に反応して現れた微表情を読み解いていく。

犯人はライトマン博士が的はずれな発言を「嘲笑」し、確信に近づくと「自信のない態度」を示し、言い当てられた時「侮蔑」の微表情を見せた。

表情の変化から真実を探り出し、爆弾を無事確保することに成功する。

博士の次の依頼は、教師殺しの容疑をかけられている16歳の容疑者が、計画的に犯行を行ったのか、見極めることだった。

それとも彼以外に真犯人がいるのか。

真実を話そうとしない容疑者や、その家族、友人。

彼らの真の感情を示す微表情から、博士は真実を見出していく。


人の嘘は見抜くが、誰にも本当のことを語ろうとしないライトマン博士。

唯一研究所の共同経営者であるフォスター博士にだけは心を許している。

優秀な新人のリアは、フォスター博士の夫が妻に嘘をついていることに気付く。

そしてライトマン博士も気付いているが、それを告げようとはしないことを「パートナーにも依頼人にも真実を隠す。何を信じればいいのか?」と責められる。

無関係の他人には相手の嘘を伝えようとしているので、フォスター博士に対しては何か思うところが有るのかもしれません。

作中で実際の記録映像の微表情が見られるので、自分にも当てはまるか考えるのも面白いです。

1秒以上驚いた表情をしている場合は、演技をしているということ、らしいです。

ライ・トゥー・ミー 嘘の瞬間の動画が見れる配信サービス一覧

ライ・トゥー・ミー 嘘の瞬間は、
シーズン1、2、3を定額の見放題サイトで動画視聴可能です。
(2015年2月26日調べ)

Hulu

ライ・トゥー・ミー 嘘の瞬間のシーズンも追加される場合がありますのでチェックを忘れずに!

attention

サブコンテンツ

このページの先頭へ