映画キングダムの動画はdTVが一番安く見れた!

各動画配信サービスにて映画キングダムの動画を視聴できるようなりました。

無料動画で探しても見つからないので、映画キングダムを配信する動画視聴サイトで見るのが絶対良いに決まっている。

各動画配信サービスを調べてみて分かったのが、動画視聴サイトによって価格が違うこと。

調べてみたところHD画質ではなく標準画質であればdTVが400円で一番安く見れた。

他にも安く見れる動画視聴サイトもあるかもしれないが、定額料金も安く31日間の無料期間もあるため、映画キングダムの動画を実質400円から500円で見れてしまうのでお得なのだ。

dビデオ

スマホから映画キングダムの動画視聴するのあれば標準画質でも十分である。

映画キングダムの動画配信サービスについては、前回書いたのでストーリー(あらすじ)を引用する。

自分で書いた記事を引用しなくても良いと思うのだが。笑

キングダムは人気漫画を実写化した映画である。原作は原泰久。マンガを読んでいるファンも多く。2019年度の日本映画でも大人気となった。簡単なストーリー(あらすじ)となるが、

キングダムの映画は日本を舞台にしたものではなく、中国春秋戦国時代を舞台にしている。ここも最近では珍しいというか新しさを感じた。中国や韓国の時代劇ドラマや映画は日本でも人気はあるが。

日本の歴史ではない物語を日本が実写化し海外でも映画は配信された。キングダムのマンガを読んだことのない方も映画を観たあとに続きをマンガで読みたい。そうなること間違いなしの映画である。

さて、簡単な映画のあらすじとなるが、キングダムは中国春秋戦国時代を舞台にし、いつ頃の時代かは紀元前245年頃となる。国は中華西方の秦の国。そこで二人の少年・信と漂は家来のように家の雑用をしている戦災孤児の奴隷であった。

二人の少年・信と漂は雑用をしながらも、二人で剣術の練習を独学で学び天下の大将軍を夢見ていた。強くなった信と漂であったが、二人はある理由で引き離される。信のたった一人の友達でもある漂は王宮入りしたのである。

それでも、信は剣術の練習を続けパワーアップしていく。ある日の事、漂が信の元へ傷だらけで戻ってきた。王宮入りした理由はなんだったのか。それを知るために、天下の大将軍になるために主人公の信は旅立つことに。

キングダム映画の評価は高く、続編もあるのではないかと映画を観たファンも期待していることだろう。筆者もこんなに面白くて迫力のある日本映画を観たのは初めてではないかキングダム2もあってほしいと願っている。この熱気が冷めないうちに新作に期待したい。


■キャスト
信:山崎賢人
嬴政・漂:吉沢亮
楊端和:長澤まさみ
河了貂:橋本環奈
成蟜:本郷奏多
壁:満島真之介
バジオウ:阿部進之介
朱凶:深水元基
昌文君:高嶋政宏
騰:要潤
ムタ:橋本じゅん
左慈:坂口拓
魏興:宇梶剛士
竭氏:加藤雅也
肆氏:石橋蓮司
王騎:大沢たかお

■監督
佐藤信介

■原作
原泰久

集英社「週刊ヤングジャンプ」

■脚本
黒岩勉
佐藤信介
原泰久

■製作
北畠輝幸
今村司
市川南
谷和男
森田圭
田中祐介
小泉貴裕
弓矢政法
林誠
山本浩
本間道幸

■撮影監督
河津太郎

■撮影
島秀樹

(2019年11月13日調べ)

アニメ・映画見放題↓
dビデオ

attention

映画キングダムの動画はdTVが一番安く見れた!については以上になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ